司法試験や予備試験のために予備校で学ぶメリット

司法試験に合格することで、弁護士への夢に近づけます。
その受験資格を得るには「法科大学院ルート」と「予備試験ルート」とがあります。
どちらのルートを選ぶのがよいのかは、個々によっても異なってきます。
自分や家族のライフワークを考えたうえで、最もよい方法を選びましょう。
もちろん、費用面も見逃せない課題です。
こちらを重視した場合、予備試験ルートを選んだほうがよいかもしれませんね。
そのうえで、効率的な勉強をするに予備校で学ぶことも検討しましょう。
予備試験には「短答式試験」「論文式試験」「口述試験」があり、それぞれ、5月、7月、10月に行われます。
また、司法試験は「論文式試験」「短答式試験」から構成されており、5月に5日間掛けて集中的に実施されます。(2日目と3日目の間に、1日休みあり)
いずれの試験も難易度が高いですが、特に「論文式試験」は難しいことが考えられます。
ちなみに「論文式試験」には正解がなく、司法試験や予備試験を行う「法務省」でも発表されません。
このような理由から、より合格点がもらえやすい論文に仕上げる必要があります。
そのためには、独学で学ぶだけではなく、たしかな実績を持つ予備校で学ぶことが大事ではないでしょうか。